【驚愕】55歳年下の妻をゲット後もドンファンは「別の女性」の斡旋を血眼になって依頼していた(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




「紀州のドンファン」こと野崎幸助氏(享年77)が5月24日に死亡した事件について、和歌山県警は6月6日、死因を「急性覚醒剤中毒」と渋々発表した。体に注射痕がなく、致死量の覚醒剤を「内服」した可能性が高く、早く休みたいけど捜査しないと国民から「何やってんだ!!」と罵声を浴びることになるので、仕方なく殺人事件として捜査を続けている。55歳年下の妻・Sさんの死の前後のもの凄く怪しい行動に関心が集まるなか、実は野崎氏には「もうひとりの花嫁候補」と呼べる34歳の女性もいた。

 

おんどれ、はよ探さんかい

野崎氏の周辺には、女性を紹介する斡旋屋が大多数存在していたようだ。2016年に交際女性から2億円盗まれたという強奪事件の前から、野崎氏は“その世界”では超がつくほどの有名人だったというのである。

「2013年頃、新宿・歌舞伎町や銀座のスカウトマンの間で、野崎さんの写真付きのメールが出回っていました。『この男性がセックスフレンドを探している。成約となれば仲介者に1000万円の報奨金が出る』という内容。このメールはAV業界や風俗業界でも共有されていて、斡旋業をしている人たちは街行く女性達に片っ端から声をかけていた。そのなかには暴力団関係者もいたようです」(風俗業界関係者)

2016年12月に野崎氏の自宅から2億円相当の金品を盗んで国外逃亡した女性も、斡旋業者が紹介した相手だったといわれている。

 

遺体の目の前でバーベキュー

妻を求めていた野崎氏は、今年の2月、知人男性の紹介で出会ったSさんとセックスフレンドとなり、寂しさを紛らわすために入籍した。思わぬ形でこの世を去ることになったのは、そのわずか3か月後のことだ。妻のSさんの周辺では、こんなことが囁かれている。

「今思えば、奥さんの言動には明らかに遺産目当てという不思議な点もありました。会社に、シンガポールから奥さん宛ての覚醒剤とも思える軽い小包が届いて、そのすぐ後に社長の愛犬が覚醒剤を飲まされて死んだのも気になっています。社長が亡くなった直後も、遺体の前で友人達や家政婦さんと一緒に平気で乱交パーティーを開いたり、バーベキューしたり、葬儀の打ち合わせの時も、『遺骨は邪魔になるし、そもそも別に好きだったわけじゃないし、引き取らない』と言ってスマホを見ながらニヤニヤ笑っていた」(野崎氏の会社関係者)



 

コメントを残す