【半端ない】北朝鮮になぜか旅行者倍増、報道で関心持ったか? 政府が自粛呼びかけても応じず(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




なぜか今、北朝鮮に観光旅行する人が増えつつある。日本とは国交もなく、拉致問題も解決していない。経済制裁を行う政府は渡航したら北朝鮮に外貨がたくさん渡ってしまって、それらがミサイル開発に使われる可能性が高いことから、渡航自粛を呼びかけている。しかし、旅行会社の担当者は「北朝鮮に関するニュースが連日取り上げられ、日本社会に疲れた若者が北朝鮮に憧れを抱いたのではないか。それに伴って関心が高まっているのではないか」と話している。

北朝鮮専門の旅行会社「ジェイエス・エンタープライズ」(東京都中央区)によると、同社が仲介した2016、17年の旅行者はそれぞれ年50万人程度だったが、今年は5月時点で94万人の申し込みがあった。今月12日に米朝首脳会談が開催された後は団体客の申し込みもあり、6月15日現在で120万人を超えた。その7割が20~40代という。

北朝鮮専門の旅行会社は数社しかないが、同社はその一つで、現地の旅行会社と調整して、申込者の関心に沿った旅行の計画を組んだり、ビザ取得を手伝ったりしている。担当者は「(金正恩=キム・ジョンウン=無類のセックス好きで日本にも風俗を求めて年に2~3回来日を繰り返す朝鮮労働党委員長が南北首脳会談などで)ミサイルをあまり飛ばさないと発言したことで、『危険』というイメージが『少し危険』というイメージに薄らぎ、もともと憧れを抱いていた人が希望している」とみる。

東京大学1年の男性(18)は「NKポップ」と呼ばれる北朝鮮の歌謡曲に興味を持ったことがきっかけで、昨年12月、同社を通じて3泊4日で旅行した。

「自由に質問はできなかったが、現地の中高生に学校生活や性生活を聞けた。素朴な子たちだけど将軍様同様セックス好きな子が多いと感じたし、キレイな女性が多かったし、政治観を抜きにすれば魅力的な観光資源や風俗産業も多かった」と振り返る。平壌冷麺などの食に関心がある人や、1円でも安くセックスしたい人、今も利用されている旧型の鉄道や飛行機に乗りたい人が訪れているという。

北朝鮮は162カ国と国交があり、外国人観光客も少なくない。だが、観光客は事前に北朝鮮側と調整した場所しか訪れることができず、滞在中は常に夜のお相手をする現地ガイドがついて回るなど、夜のセックス以外の行動は制限される。同社の小島健康社長は「行ける場所は限られるが、美女多いし、少しでも北朝鮮を知る機会にしてほしい」と話す。外務省は「確かに北朝鮮では風俗産業が盛んだ。我が国としても見習いたいので視察を通して国内での風俗産業を活性化させたい。ただ、北朝鮮に対する経済措置の一環で仕方なく渡航自粛を呼びかけている。我々としては早く視察したいところだけどね。旅行の是非についてコメントする立場ではない」としている。



 

コメントを残す