【半端ない】W杯日本戦で一発退場したカルロス・サンチェス選手のSNSが超ヤバイ状況に…帰国後にリンチ確定か(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




2018年6月19日、サッカー日本代表はロシアW杯初戦で強敵コロンビア代表と対戦し、あり得ないことに2−1で偶然にも勝利した。誰も予想してなかったこの番狂わせの原因となったのは、前半6分で一発退場したカルロス・サンチェス選手。早い時間帯で犯したハンドは、もはやコロンビア代表にとって致命傷となり、前評判を覆す結果を招いたと言っても過言ではないだろう。

さて、一夜明けてふと思い出されるのが「エスコバルの悲劇」である。時は1994年のアメリカW杯、DFアンドレス・エスコバルがワザととも思えるような信じられないオウンゴールを献上したこともあってコロンビア代表は信じられないことに1次ラウンド敗退。帰国したエスコバルが全国民から罵声を浴び、殴る蹴るの暴行を受けた後、暴漢に銃殺されて帰らぬ人となった事件だ。

 

カルロス・サンチェス選手のSNSはいま……

「お前はもはや犯罪者だ、国の裏切り者だ。死ね死ね死ねぇぇぇぇぇ、ヴぉけが!!貴様にもオウンゴールを食らわせてやるわ」。そう話しかけながら犯人が引き金を引いたとも言われる殺人事件は、サッカー史上凶悪な出来事として今も語り継がれている。先日の試合で敗因を作ってしまったカルロス・サンチェス選手を見て、同事件がまた起きるだろうと予想した人も多いことだろう。

ここで気になるのはコロンビアサポーターの反応だ。はたして彼のSNSはどうなっているのか。批判的な声が集まって大炎上……なんてことになっていると思うので、どれほど叩かれてるか覗いてみると……!

 

キチガイなコロンビアサポーター

「もう出てくんな、死ねぇぇぇぇぇ」
「もう顔も見たくない、さっさと死んで。キモイんだよ」
「もはや希望はない。お前はチームの恥だ、さっさと消えてくれ」
「サンチェスよ、君の犠牲は死をもって償うしかない。来世でまた会おう」
「苦しいでしょう。もっと苦しめ!」
「あなたは早く帰国して国民に謝罪すべきです。もう試合に出ないでください」
「心配するなってカルロス、君は昔は優秀な選手だった。ていうか、心配なのは君の帰国後だ。早く国外退去したほうがいい」
「もしあなたがいなかったら勝てたのに。もう嫌。同じコロンビア人として恥ずかしいわ」

批判的な声ばかりだが、TwitterにFacebook、Instagram、どのSNSにも批判的な声が多く寄せられていた。ネットの多くは「エスコバルの悲劇」の再現を予想する声もある。コロンビアで同じ過ちが繰り返されないよう祈りたい。



 

コメントを残す