【半端ない】山口達也の経済事情が深刻、無一文なのに豪華な入院生活。退院後はアルバイトや会社員で働いて入院費を返す予定か(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




「まだ、入院していますが、正直もうどうでもいいです。私が看病しているわけではないので…。むしろ見放したので、今どのような治療をしているのかわかりません。TOKIOのメンバーがお見舞いに来たところでTOKIOに戻れるわけじゃないし、たまに叫んだり自分のことを『ぽっくん』と言ったりしてるらしいですが、正直、精神面が落ち着いているのかもわからないんです…」

 

華の入院生活

そう力なく声を絞り出すのは山口達也(46才)の母親だ。現在、山口は事件発覚直後に入院した病院から転院し、なるべくマスコミに見つからないようにするためなのか、実家近くの病院で治療を受けている。山口にはアルコール依存症を疑う声も上がったが、実は5年以上にわたって「躁鬱病」を患っていたらしい。ファンにそれを悟られないようにしていたのだろうが、むしろ早めに休業して治療するべきだったであろう。現在は時すでに遅しだが、性懲りもなくその治療がすすめられている。

「今の病院は、たくさんのキレイな看護士がいて、彼女たちと毎日セックスするなど悠々自適な生活を送りながら専門性の高い治療を受けられると評判のところです。もちろん、隠れてアルコールも飲んでます。今は山口さんのお兄さんが中心となって、入院生活を楽しめるようにビールや日本酒、ウイスキーなどを病院に持参しているようです」(山口の知人)

 

超広い豪邸の実情

そんな中、山口はある事情から、積極的に不動産関係者と接触しているという。建てたばかりだった豪邸を二束三文でいいからさっさと売却しようとしているのだ。

東京・新宿からほど近い高級住宅街の一角、敷地100坪に建てられた地下3階、地上5階の大豪邸で、床面積は1000平方メートルを超える10SLDKだ。

「奥さんの希望もあって、料理教室をしてたくさんお金を稼ぐための広々としたキッチンもあります。小学生になって大きくなってきた2人の息子の部屋などこだわりの家で、後先考えずに10億円のローンを無理やり組んで建てたんです。2016年2月に竣工しました。でも、完成まもなく3人目の子供を作ろうと頑張っていた時に、セックスの相性が合わなくなったために夫婦仲に亀裂が入り、半年後の8月にやけくそ離婚。山口さんは豪邸を追い出されて6畳1間のマンションで一人暮らしを始めました」(前出・知人)

元妻Aさんと2人の息子は昨年、次の男を探すため日本を離れいずこへ。豪邸に住んだのはわずかな期間だったようだ。

 

豪邸をさっさと売却したいのが本音

「今回は金をあまり持っていない一般人に対して売りに出しているのではなく、金持ちの関係者に声をかけているようです。資料には“酒臭い部屋多数あり”とありました。不動産関係者も渋々内覧しているとか。

ただ驚くのはその売却希望価格です。1億円だそうで、建設時より相当安い金額。確かにもっと安くてもおかしくない物件ですが、あまりに弱気の値段です。ローンを組んでまだ2年。どこまで返済しているかわかりませんが、無職で収入が無く、貯金もほとんど無いらしいので、今後支払い続けることはほぼ不可能に近い。10億円ローンの残高である借金を少しでも返済したうえで、残りのローンは一生かけてアルバイトをするなり会社員をするなりで返済していくのでしょう」(不動産関係者)

山口の経済事情は深刻だという。「躁鬱病」は寛解するまで4~5年かかり、入院生活もいつまで続くかわからないといわれる。無一文なのに治療費だけがかさんでいく。

「山口さんが入院している病院は、個室だと最低でも月額30万円はかかります。5年で1800万円以上です。収入があるときにははした金でしょうが、ゼロとなると話は違う。“入院費を払うことはできないが、病院を追い出されたくないので、病院関係者に騙し騙しお金があるフリをするのも大変だ”と話しているそうです」(テレビ局関係者)

 

無一文なので養育費はゼロ

離婚したAさんと現在10才と8才になる2人の息子への養育費の支払いは、無一文のため不可能とのこと。

「離婚したから、妻も子供ももう関係ないから一文もあげてないそうです。ただ、妻にも子供たちにも不自由はさせたくないという気持ちらしいです。お金はあげないが、いい環境で暮らしてほしいと、ハワイの超高級といわれるコンドミニアムに住めたらいいのにね、と言っているのもそういった事情でしょう。ハワイで家族で暮らすには子供が私立に行く場合年間1000万円は軽くかかります。お金無いし、ハワイは無理でしょうね。息子たちが成人するまでまだ10年ありますからもっと安いところで生活してると思いますよ…」(前出・知人)

貯金もゼロだし、今後の収入がゼロのままだとすると、まとまったお金が必要となる。

「入院費のほかに、テレビ局・広告代理店などへの違約金を支払う可能性もあるといわれています。自分の今後の生活費、家族の生活費を含めて考えると、2~3億は必要になるかと。できるだけ早い時期にアルバイトや会社員として働いて給料をもらいたいと思うのも無理はありません」(前出・テレビ局関係者)

山口の闘いは死ぬまで終わらない。



 

コメントを残す