【PART5対策】第2回:TOEICのPART5の正解率をどこまで伸ばせて回答時間をどこまで短縮できるか挑戦(俺のTOEIC対策)[俺のシリーズ]




次のTOEICは2018/3/11だ

何と東日本大震災があった月日と同じで、しかも白鵬の誕生日じゃん

今日が2018/2/6だから今日もいれるとたったの34日間しかない

この間に必死になって勉強し、何としてもスコア800点超えを目指したい

最終的には900点超えまで到達し、英語なら超得意というレベルにまで持っていきたい

さすがに900点超えたら転職活動でも武器になるじゃろ、と思っている

挑戦した結果

今日は「TOEIC L&R テスト でる模試 リーディング 700問」のTEST2のPART5に挑戦した

 

結果を以下に載せる

回数 カテゴリ 実施日 正解数 正解率[%] 回答時間[mm:ss]
第1回 TEST1 2018/2/5 15 50.0 17:32
第2回 TEST2 2018/2/6 18 60.0 19:38

 

あああぁぁぁぁぁ、回答時間掛かりすぎじゃぁぁぁ

確かに本番のTOEICより難しい・・・が、その難しい問題に15分以内に回答出来て、さらに正解率が80%以上ってのが今の俺の目標でもあるんだけど

この目標を達成できたら本番のTOEICでは回答時間が13分以内、正解率が90%以上になると想定している

とりあえず、継続的にPART5に挑戦し続け、英文の速読に磨きをかけていきたい

新たに学んだ知識

今回の挑戦で間違えた個所を復習した結果、以下の内容を新たに学んだ

・「stagnant」の意味は「停滞した」

・「plush」の意味は「高価な」

・「subsidy」の意味は「補助金」

・「destabilization」の意味は「不安定化」

・「stall」の意味は「露店」

・「portrayal」の意味は「描写」

・「likely」は形容詞で意味は「ありそうな」

・「worsen」の意味は「さらに悪くなる」

・「feasible」の意味は「実現可能な」

・「customary」は形容詞で意味は「習慣的な」

今後の予定

残り34日間しかないので、計画的に勉強する必要がある

そこで、どういう流れで勉強するかだが

2/5~2/25:リーディングTEST1~TEST7のPART5を3サイクル

2/26~3/4:リスニングTEST1~TEST7のPART3を1サイクル

3/5~3/10:リスニングTEST1~TEST6のPART1~PART4を1日1つずつ

運転中の車内:リスニング音声を流し、耳を慣れさせる

 

かなりゆったりとした予定ではあるが、これで800点越えを目指すぜ( `ー´)ノ



コメントを残す