【半端ない】権力闘争や供応、左遷、尾行、粛清は当たり前の日本大学「恐怖政治」の実態に元常務理事曰く「独裁国家と一緒だ」(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




アメリカンフットボール部の危険タックル問題さえ無かったら闇に葬れたのにと毎日にように後悔している田中理事長。それはそうと教職員が一元的統治体制を批判する声を上げ始めた日本大学。日大の常務理事経験者は夕刊フジの取材に、学内のすさまじい権力闘争や粛清人事の実態を明かし、「北朝鮮のような独裁国家と一緒だ、もはや大学の体をなしてない」と批判する。

日大の教職員組合は、田中英寿理事長(71)をトップとする一元的統治体制に問題があるとして、田中理事長や大塚吉兵衛学長(74)ら上層部の刷新を求める署名を提出した。組合側は「報復が怖くないか」と報道陣に問われ、「怖くないと言ったらウソです。めちゃくちゃ怖いです。どれほど遠くに飛ばされるかハラハラドキドキしてます。正直に言うと」と答えた。

マンモス校の日大では、学内の権力闘争や粛清は長年にわたり繰り広げられてきた。元常務理事は「総長選挙が行われていたころは、それぞれの選対(選挙対策担当)が料理屋や食堂、ラブホテル、キャバクラ、ビアガーデンに人を集め、ひたすら飲めや歌えやをやった後に、会費2000円を無理やり徴収して、オーバーした部分は個人がこっそりポケットに突っ込むこともあった。互いの陣営に殴る蹴るの暴行を加えることもあり、それが膨張してあらぬ殺人事件になったりすることもあった」と振り返る。

「学校というのは利権だらけでもはやヤクザの世界かと思えることがあり、実際にヤクザが入り込んでくることもあった」とも指摘する。

確かに、「『報復人事だ。どこどこに飛ばせ』なんてことは、今もだが昔もしょっちゅうあった。日大は来年で130周年。先人が築き上げてきたものだが、今は残念ながら田中理事長のものだ。彼に逆らったらどんな粛清をされるか想像するだけで夜眠れないことが度々あるのは事実だろう」と憤る。

その後、総長は学長に「格下げ」され、学長選挙は形骸化された。「トップの思うがまま」に盛んに人事が行われるようになったと元常務理事。それは役員クラスも例外ではないという。

「トップの側近だった役員が、逆鱗に触れたことで、いきなり理事からグラウンドでひたすら生徒に挨拶したり、グラウンドのゴミ拾いや水まきのような仕事に追いやられた。別の理事もグラウンドの石を拾う仕事に変わったことがある。飛ばされたり塩漬けにされたり、殺されないだけで北朝鮮のような独裁国家と一緒だ。田中総書記に逆らったら生きていけない」

元常務理事自身も、不可解な出来事に遭遇したことがあるという。

「家の前に挙動不審な人物が2人がいて、夜も後ろをついてくる。通報して警察官が職務質問したら、ゲイだった。要は私を抱きたかったんだ」

元常務理事は現在のマスコミの姿に懸念を示した。

「7万人近い大学生がいる。考えれば今は就職シーズンで4年生はもう絶望的だろう。就活は諦めなさいと言いたい。正社員じゃなくてもフリーターって道があるんだから。アメフトのことで説明責任があるとマスコミは言うが、あんたら年収1000万以上もらっててその中に日大が払ったCM料も入ってるんだから、文句を言う筋合いはない。CMを流さなくてもいいんだよ日大は。どうせ毎年たくさん学生入ってくるしね」



 

コメントを残す