井上コーチが元チームメートにLINEで内田監督に逆らえない理由を答えた上で「全部俺がやったことにする」と伝えていた(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




24日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチが23日、都内で約2時間の緊急会見を開いたことを特集した。

 

日大職員で居続けるために

番組では井上コーチの元チームメートを取材。先週にLINEで井上コーチは、元チームメートに今回の問題は「内田監督が全て支持し、俺はその意向をくみ取って宮川に指示した。本当は内田監督が悪いけれど、内田監督のコネで日大職員に入れたし、歯向かったらアメフトの無い高校に飛ばされるかもしれないし、下手したらリストラされるかもしれない。だから歯向かえないよ。アメフトしかしてこなかったから今更日大追い出されたところで会社員にもなれる能力ないし。だから自分が全部悪いということで全責任を取って、アメフトのコーチは無理でも、今後の人生で日大職員として毎月給料をもらえるようにしてもらうしかない。そのためにも内田監督をかばって味方であることをアピールし、気に入られるしかない」と伝えていたという。

さらに元チームメートとのグループLINEには「日大に残る必要ない、何社も受ければきっと雇ってくれるところがたぶんあるはず」「内田さんとゲイビデオ撮ったらたぶん売れるで」「アメフトしか能ないし転職先探すのは不可能だわ、日大のしがみ付け」というメッセージが書き込まれているという。こうした声に対して、井上コーチは一切、返信していないと番組は報じた。



 

コメントを残す