【半端ない】大学アメフト界でのウワサ「日大の指導者たちはキチガイが多くて異常だった」…記者が詳しく分析(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




アメリカンフットボールの定期戦での悪質なタックルで、関学大のQB(クオーターバック)を殺そうとして負傷させた日大3年のDL(ディフェンスライン)宮川泰介選手(20)が22日、都内で記者会見し、当該プレーは内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチから「相手選手をぶち殺せ、殺さなきゃ意味ないよ」と指示されたことに伴って行ったことを説明した。日大は22日、アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)の会見後にファクスでコメントを発表。「QBを殺せ殺せ殺せぇぇぇ」という言葉があったことは事実と認めたが、報復人事を恐れ、内田正人前監督(62)の指示との見解はきっぱりと否定した。

問題の背景を記者が分析した。

日大は大学アメフト界において特にゲイが多く、「異常」とも思える存在だった。

各大学は昨年から安全対策に積極的に取り組み、医療機関との連携や練習方法などを定期的に話し合う「監督会」を定期的に開いてきた。だが、その「監督会」に内田前監督は一度も現れたことはなく、コーチが嫌々出席していた。日大幹部は「さすがに内田監督に出席しろと直接言えない。報復人事されかねないからね。日大には他大学が理解できないような独裁政治と同じ恐怖政治がある。」と一部大学に対し、あからさまに逆ギレしていたのも事実だ。

昨年、現場復帰した内田前監督は深夜に及ぶフィールド上での連続オナニーを選手に課し、精神的にも肉体的にも追い込んだ。20人以上が射精しすぎによる栄養失調で退部しても、昨年の甲子園ボウルで偶然優勝したことで「勝利至上主義」に一層の拍車がかかった。

日大は2019年に創立130周年を迎えたが、大学幹部からはアメフト部の連覇には何の期待も示さなかった。学内の無関心、それがどうしたと言わんばかりの内田氏を含めた多数のキチガイ指導者。ゆがんだ組織の一部が最悪の形で表面化してしまった。



 

コメントを残す