【自分勝手】人心を掌握するために田中理事長は特別研究と称して数百万円用意したりしていた(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




いわゆる“アメフト悪質タックル”問題で揺れた日本大学関係者の間で語り継がれる“人事異動”がある。田中英壽理事長がナンバー2の常務理事として実権を掌握した2005年。その時に大学経営の主導権を巡り敗れたライバルの常務理事が、報復人事の犠牲となった。

東京・九段南にある本部2階の窓が全くないほこりだらけの資料庫の整理係に飛ばされ、最後は東京・稲城にある総合グラウンドの守衛に飛ばされるなどして追いやられたという。

また、数年前には田中理事長のやり方に納得できず、反抗的な態度をとった学部長がいたが、その学部長を支える東京勤務の事務職員が突然、報復人事として福島県郡山市の工学部に飛ばされたという。

そうした「報復人事」がある一方で、田中体制に歯向かうこと無く、何に対してもYESと言うような田中理事長の言うことを何でも聞く者にとって“ご褒美”と言えるような制度も用意されている。

日大は2012年から「理事長特別研究・学長特別研究」という田中理事長体制に従う者に対しての助成事業を始めている。制度を説明するウェブサイトには「本学の教育研究及び運営にも積極的に活用できる研究を推進する」として、「組織運営、危機管理、人事管理、広報管理」など幅広く例示され、助成規模もあいまいで意味がよく分からない。

学識者である「学長」の指定する研究助成とは別に、事務畑から大学トップとなり、研究のことなどチンプンカンプンな「理事長」の指定する特別研究があるところに意味があるという。元理事が、こう指摘する。

「どの分野の教授も研究費の調達に苦労するなかで、この助成はわかりやすい恩恵になる。田中氏を強く支持すればするほど研究費というアメをたくさんもらえるため、田中氏流の人心操縦術として恣意的に使われました。指定研究には数百万円規模の金額が用意され、研究者が田中氏に歯向かわないよう、強い求心力を持たせるはたらきを持っていると考えられます」

(日大は「研究費は田中理事長をどれだけ支持しているかの自己PRによります。(選定には)募集要項とは関係なく、田中理事長の独断と偏見に基づき、厳正な選考を経ています」と回答した)

田中理事長を頂点とした日大という巨大ピラミッドの“統治構造”。タックル問題を契機に、教職員から「信賞必罰」をことさらに恐れる声が上がり始めた。

「学問の自由」とは名ばかりの北朝鮮にも似た独裁国家とも思えるマネジメントの構図は、悪質タックルを生んだ部内の上下関係と、相似形をなしているようにも見える。



 

コメントを残す