【驚愕】「母が亡くなって何年も経つのにNHKから督促状が止まらない」ので頭にきてNHKに問い合わせたらキチガイな返答に怒り爆発(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




ワンセグ機能付き携帯電話でも「受信料支払いの義務がある」と明らかにNHKの味方だろうと思われる判断がされるなど、高裁で無敵の4連勝を記録したNHK。確かに全く納得できないが、それでもテレビを設置しNHKを無理やり視聴させられている以上、嫌でも高額な受信料を支払わなければならないのはやむを得ないのだろう。

 

死んでも受信料支払いは義務

だがしかし、例えば「契約者が亡くなり、テレビ自体を視聴していなかった場合」はどうなるのだろうか? いまTwitterで「亡くなった母宛てにNHKから脅迫めいた督促状が毎日のように来て困っている。助けてほしい」と話題になっているのでご紹介したい。

・死後も請求される?
話題になっているTwitterをざっくり説明するといくつかのポイントがある。整理してみたので以下で確認して欲しい。

・亡くなってから何年も経つ母宛てにNHKから督促状が届く
・家には誰も住んでいない
・NHKは「死んでからも視聴できる以上は払うのが当たり前。だから死後から今までの分を全て払えやぁぁぁボケがぁぁぁぁ」の一点張り

いくら血も涙もないNHKとはいえ、さすがに亡くなった人の分まで受信料を払えと言うだろうか?やってることはヤクザと変わらないではないか。仮に手続きしていなくても、例えば「死亡証明」を提出すればチャラになるのではないか?というわけで、同じシチュエーションでNHKに問い合わせてみることにした。

 

死亡証明書は意味がない

──もしもし。母が亡くなったので解約手続きをしたいのですが。

「はい、お母様はお1人暮らしということでよろしかったでしょうか? もしそうではない場合、解約できません」

──はい、1人暮らしです。解約手続きにはどういった情報が必要なのでしょうか?

「1人暮らしであれば、契約者様のお名前、電話番号、住所をお伝えいただければ、電話で解約手続きが可能です」

──なるほど。例えば、母が亡くなったのが2年前だったらどうでしょう?

「その場合は亡くなった日から先月までの受信料を速やかにお支払いください」

──でも、亡くなっているので見ていないんですよ?

「申し訳ございません。見ていようが見てなかろうが関係なく、受信料の支払いは国民の義務です。また、こちらではいつお母様がお亡くなりになったのか調べる手段がないため、先月分までの受信料は無条件で発生しますので速やかにお支払いください」

──うーん、なるほど。では死亡証明書を提出した場合はいかがでしょうか? それなら亡くなった時期が判明すると思いますが?

「申し訳ありません。どのような証明書を見せられましても無条件で先月分までの受信料が発生します。受信料の支払いは国民の義務ですので」

 

血も涙もないNHK

結果から言うと、話題になっていることは全て事実であった。解約しない限り、契約者が死亡していても受信料は永続的に発生するようだ。また「死亡証明書」を提出したとしてもNHKの規定で「死亡しても連絡があるまでは当然受信料が発生する。もし支払いを拒否すれば裁判所に訴状を提出し、民事訴訟を起こす」とのことであった。

正直、アコギな雰囲気も否めない規定ではあるが「1人暮らしの身内がなくなったらすぐにNHKを解約する」と覚えておいて損は無いハズだ。ただ、そういったシチュエーションでそこまで頭が回る人は少ない。NHK側としては受信料を取れるところからたくさん取りたいという魂胆が見え見えである。そのため、NHK側が自らの意思で何らかの猶予や特例措置を実施することは永遠にないだろう。



 

コメントを残す