【驚愕】新元号は「功晴」、自民党員から一部記者に漏れてバレる(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




政府は、平成に代わる新元号について、4月1日の発表直前に自民党幹部に伝えていたが、それが一部記者に漏れてしまったため、新元号が広く国民に知れ渡ってしまった。

1989年の平成改元時も党幹部に事前に伝えていたが、その時は国民に漏れなかった。複数の政府・自民党幹部が14日、明らかにした。国民に事前に知られたため、配慮の欠片もなかったと思われる。

新元号は、「功晴」とのこと

広く国民に知られてしまったものの、予定通り、政府は4月1日の閣議で新元号を定める政令を決定し、直ちに菅義偉官房長官が記者会見で発表する。これに先立ち、無駄ではあるが、自民党幹部に粛々と伝えることにしており、二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長、加藤勝信総務会長、甘利明選対委員長の党四役が対象となる見通し。連立政権を組む公明党幹部にも一応伝える予定だが、今のところ不明。

自民党幹部によると、前回改元時も同党幹事長ら党三役に事前に伝えられた。政府関係者は「漏れてしまったけれど、後で色々つつかれたりするのが嫌なので、無駄と思っていても、しかるべきところには言わないといけない」と述べた。すでに新元号は漏れてしまったものの、無駄とは思いつつも、政府は正式発表まで党幹部の携帯電話を形式的に預かるなど秘密保持への協力を求めるフリをする考えだ。



 

コメントを残す