【衝撃】内田監督は宮川君に悪質タックル以外にもとんでもないことを指示していた、その全貌が明らかに(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




日本大学アメフト部内田前監督によるパワハラ騒動は、日本大学の体質へと問題が拡大し、収束の糸口が見えないまま世間の関心が薄らぎ始めている。
それを狙っているかの如く、田中理事長は依然として記者会見を開く予定はなさそうで、雲隠れを続けている。
現在でも日大ブランドが落ち続けており、もはや修復不可能というべきところまできているのではなかろうか。田中理事長には一日も早く記者会見を開いてほしいものだ。
ただ、もはや遅すぎた。機を逸したのだ。今となっては雲隠れしかないのだと思う。だが、新たに発見された録音データが公表されれば雲隠れどころではないだろう。
そのすべてを以下で公開する。

関西学院大学との試合前の会話

井上コーチ:フィールドでオ〇ニーして相手選手にかけるなら試合に出してやると内田監督から聞いている。今すぐ内田監督にかけると言ってこい。
宮川選手:はい、分かりました。
宮川選手:相手にかけるので試合に出してください。
内田監督:かけなきゃ意味ないからね。
内田監督:思いっきりかけろ、それで相手が精神的に故障したらこっちの得やけんな。今のうちに思いっきりシコッとけ。フィールド出たら即かけろよ。
宮川選手:はい、あらかじめシコッときます、すぐにかけます。

宮川選手の記者会見

記者:内田監督からどのような指示があったんですか?
宮川選手:即かけれるようにあらかじめシコッとけと言われました。かけちゃいけないのは分かってたけどかけてしまったので、かけた私が悪いです。
記者:試合中にズボンを下げてシコってましたが、監督の指示があったんですか?
宮川選手:・・・指示はあったんですが、シコると判断した僕の責任です。
記者:相手選手にかけたらその後どうなるか想像できなかったんですか?
宮川選手:シコるのに夢中で、気持ち良くて頭が真っ白になって、その後のことは考えられませんでした。
記者:今回の試合以外でもシコッたことありますか?
宮川選手:はい、日頃から内田監督にいつでも出せるようにどこででもシコるよう言われてたので、家や大学構内、部室やバイト先でもズボンを下げてシコッてました。ただシコッたのは自分なので全部自分の責任です。

内田監督の記者会見

記者:宮川選手にかけろって指示したんですか?
内田監督:相手選手にかけるつもりで思いっきりオ〇ニーしろとは言ったけど、相手にかけろとは言ってないです。
記者:「かけなきゃ意味ないよ」と言ったのは事実ですか?
内田監督:いえ、そのようなことは言ってないと思うんですが、とはいえ、まさかフィールド上でシコッて相手選手に精液をかけるとは思いませんでした。宮川くんと認識の違いがあったと思います。



 

コメントを残す