【キチガイ】韓国で日本製品不買サイト「NO NO JAPAN」も登場して国民を総動員して不買運動を展開(俺のフェイクニュース)[俺のシリーズ]




日本が韓国を、輸出管理要件を緩和するホワイト国(現在は「グループA」)リストから削除……とはいえ、2004年以来、アジアで唯一優遇されてきた状態を外されただけで禁輸となったわけではなく、今後は「グループB」の一員として所定の手続きを踏めばいいし、「グループC」の中国や台湾などよりも、よほど恵まれているはずなのだが、そうはいかないのが被害者妄想国家キチガイな国民が多い「韓国」だ。「ホワイト国除外は反対ニダ。我々を殺す気か!!日本死ね」と叫びながら、徹底的に日本製品をボイコットするなどの不買運動が始まり、韓国の技術を結集して国家が開発した「NO NO JAPAN」なるキチガイサイトでは日本製品をリストアップして、買わないように訴える。バーコードを読み取るだけで日本製かどうかわかるというスマホ用アプリを国家予算をつぎ込んでまで開発して……。

 

「NO NO JAPAN」サイトの正体

「NO NO JAPAN」のサイトには8月6日現在、141の日本メーカー(あるいは日本製品)が列挙されている。ユニクロ、無印良品などはもちろん、アサヒビール、サッポロビール、ソニー、トヨタ、日産、ホンダ、三菱自動車、スズキ、ヤマハ、キヤノン、ニコン、コニカミノルタ……中には、コンドームのオカモト、プラモデルのタミヤ、トンボ鉛筆、キャベジン(興和)、ゴールデンカレー(エスビー食品)、ロイヒつぼ膏(ニチバン)、さらにはなぜかサムスン、LG、現代という韓国メーカーまで入っている。恐らくバグなのだろう。技術を結集して開発した割にはお粗末すぎており、税金の無駄遣いとしか思えない。韓国国民が収めた税金だからどうでもいいが……。 なお、韓国への年間輸出額がおよそ5兆9500億円(輸入は2兆8900億円)なので、日本も大幅な貿易黒字にもなるはずである。ちなみに「NO NO JAPAN」が注目を集めたのは7月11日からであり、このサイトは〈先月18日の60品目から8月2日には130品目に増えた〉とのこと。一方で、無名の韓国メーカーが日本メーカーの技術を盗んでかろうじて製造まで漕ぎつけている「レトルト米飯」にごく少量の日本産糠抽出物が含まれていることが同胞(韓国人)にバレてしまい、〈直ちに国産化作業に入り、年内に作業を終える計画だ〉と適当な嘘をついて勇ましいフリをしているが、ある流通業関係者の話として〈「日本産の酒・たばこの場合は韓国の技術でもかろうじて作ることができるため代替品があり大きな影響はないが、消費者が原料まで調べているのでこっそり日本産の原料を使ってることがバレるのではないかと韓国企業もビクビクしている」〉との本音も。

 

不買運動の行く末

日本製品を「買わない」と言って自分たちの首を絞め、のたうち回るのは勝手だが、韓国メーカーが大きな被害を被ることに国家も国民も誰一人として気付かないほどバカなのだろうか?果たして不買運動はどこまで可能なのだろうか。韓国出身で「韓国人は世界一素晴らしい民族だ」(キチガイ新書)などの著書がある李友機(リ・ユウキ)氏に実情を聞いてみた。

不買運動は学校や仕事を休んで国民総動員で熱心にやっていますよ。全ての韓国人は日本製品を買わず、かといって韓国製品は質が全然良くないので他の外国製品を買います。日本車や日本製のプラモデルを買わないようにし、フッ化水素の輸出に繋げようと奮闘してます。韓国政府が今後日本に対して行う、日本を地獄に突き落とす経済報復により、日本にはペンペン草も生えないようになるでしょう」

冷静な韓国人は果たしているのだろうか?



 

コメントを残す